ダイヤモンドの買取を依頼するならしっかりと知識を備えよう

  1. ホーム
  2. 査定の基準

査定の基準

ウーマン

ダイヤモンドの買取では査定の基準が決められています。この基準はダイヤモンドだけでなくルビーやサファイヤなどの他の宝石にも基準があり、その基準をクリアしていくことで高額で買取が行なわれるのです。ダイヤモンド査定の基準としては4Cと呼ばれる基準があります。この4Cはダイヤモンドの質量であるカラット、石の色であるカラー、宝石の透明度のクラリティ、加工技術であるカットになり、それぞれの英単語から4Cと呼ばれています。ダイヤモンドは本来鉱石として自然界に存在しているので基本的に同じものは存在しません。ダイヤモンドの希少価値はこうした部分にも関係しているので買取会社も慎重に査定を行なうのです。
ダイヤモンドは1カラットで0.200グラムとされておりほんの僅かな量です。しかし、そのカラット数が上がれば上がるほど希少価値が高く買取も高価な値段で行なわれます。ただし、カラット数が多ければ良いのかと言われるとそうではなく、石のカラーや、透明度、仕上げや加工技術のカットのバランスによって変動します。そのためカラット数が少なくてもその他のバランスが良ければ高価な値段で買取される事もあるのです。また、ルビーやサファイヤのように天然でついた色以外で人工的に処理をしたダイヤモンドをカラーダイヤと呼びますが、カラーダイヤの中でもピンクやブルーのダイヤは加工の難しさや需要の高さから高額な取引がされています。ダイヤモンドを売りに出そうと考えているのであれば自分が所有しているダイヤモンドの価値を知っておくようにしましょう。