ダイヤモンドの買取を依頼するならしっかりと知識を備えよう

  1. ホーム
  2. カラット数について

カラット数について

ダイヤ

ダイヤモンドは他の宝石と違い独自の価値判断基準があります。4Cと呼ばれる判断基準の中にカラットと言う質量を表す単位があるのですが、高額な買取金額がつくダイヤモンドのほとんどがカラットが大きい物になります。ダイヤモンドにおいて1カラットは0.200グラムと少ないものになり、衣服の装飾として使用されることが多いです。しかし、衣服の一部として使用されるダイヤモンドは買取の金額としては少額になります。衣服は使用者が身につけたものとして中古扱いになってしまう為です。一度も着用したことがない衣服なら買取金額も多少変わりますが期待できる金額ではないとされています。
ダイヤモンドの価値を高めるカラットは加工後の単位になるので原石が大きくても取れる量が少なくなります。そのため、大きいカラットのダイヤモンドは希少価値が上がるのです。ただし、ダイヤモンドにはCの判断基準があるのでカラットだけで買取金額が決定するものではありません。加工技術やその時の需要の問題もダイヤモンド等の宝石に関しては値動きがあります。より価値のあるダイヤモンドを購入したいと考える方は多いですが、4Cのバランスやその時の需要で値段が変わるので数年後売却したとしても購入金額の半分もいかないケースなど珍しくもないのです。しかし、売却する相手によっても買取金額は変わりますので売却時には相手を見定める必要があります。購入も大事ですが、売却時も慎重に選ぶようにしましょう。